婚活をがんばっている、これから婚活を始める30代男性が異性に選ばれる3つのポイントを紹介します

若いことが武器になり、仕事も恋愛も元気さや素直さで乗り切れていた20代とは異なり、30代になると“大人”としての武器が必要になります。

これは、婚活においても同じです。婚活をしている30代の男性に、独身女性は何を求めるのでしょうか?

女性の立場から分析することによって、30代の男性が婚活で選ばれるヒントとなる、3つのポイントをお伝えします。

今、婚活を頑張っている真っ只中の人も、これから婚活を頑張りたい人も、ぜひ一度参考にしてみてください。

微笑む女性

1.笑顔に慣れる

婚活の場で出会う人は、生まれて初めて会う人ばかりです。

初めての人とばかり会うことは、普段の生活ではなかなかない経験なので、社交的な人でもとても緊張します。

ましてや、その相手が「結婚」という人生を左右する事柄に関わる人なので、結婚相手候補となる女性陣もさることながら、婚活イベントのスタッフの方々にまで、緊張する人もたくさんいます。

では、どうすれば緊張しながらも相手に好印象を持たれる人でいられるのでしょうか?

それは、笑顔です。

緊張がピークに達してしまうと、ほとんどの人が笑顔を作れなくなります。

自分では作れていると思っていてもひきつっていることも多いので、要注意です。

緊張しているのは女性陣も一緒ですが、その緊張をほぐしてくれるのは、対面する男性の笑顔なのです。

そして、素敵な笑顔でいる男性は、穏やかな第一印象を相手に与えるので、そんな人は女性からの人気も高くなります。

笑顔はクセのようなものなので、普段から意識していると笑顔は増えます。

鏡の前で自然な笑顔が作れるように練習しましょう、と教える人もいますが、作った笑顔は、女性という感覚の非常に優れた生き物にはすぐに見抜かれてしまいます。

普段から「いいな」「おもしろいな」「かわいいな」「素敵だな」と、小さなことにも気持ちを傾けるクセを付けると、自然と笑顔はついてきます。

例えば、お店ではしゃぐ子どもを見て、「うるさいな」と思う人も「かわいいな」と思う人もいますが、後者の人には素敵な笑顔がついてきますね。

「プラス思考でいる」という意識に近いですが、ご紹介したようなクセが身についてくると、婚活の場だけでなく、自分の人生も豊かな物になりますので、一石二鳥だと思って、挑戦してみてください

ソファーと洋ナシ

2.清潔感を意識する

清潔感があることは、女性と接する時には多くの男性が注意を払っておいた方がいいポイントですが、婚活の場ともなるとその重要性ははかり知れません。

少しでも不潔な感じのする人は、一瞬で女性陣から“対象外”とされることは決定的です。婚活しているのだから、そんなこと当たり前!と思っている人は多いと思いますが、3つの例を基に、女性が思う“清潔”についてご紹介しますので、自分の清潔への意識がしっかり高まっているか、チェックしてみてくださいね。

① たばこの臭いのする男性はNG

婚活の場では、男女が接近して自己紹介をする機会が多々あります。

そんな時に気になるのが、臭いです。

特に喫煙者は注意してください。

自分や男友達では気付かないたばこの臭いに嫌悪感を持つ女性は多くいます。

喫煙者の女性もいますが、数は少なく、結婚を意識している女性は特に、たばこを毛嫌いする人が多いためです。

結婚の先には必然的に妊娠や子育てがあるため、たばこやその臭いに、いつも以上に敏感になっている人が多いのです。

衣服の臭いは当日までにしっかり取っておくこと、また自分では気づきにくい、口臭についても、しっかりケアしておいてくださいね。

どうしても気になる人は、仲のいい友達や家族に口臭チェックをしてもらうのも方法です。

少し面倒くさいですが、婚活の時には結果を大きく左右するポイントなので、ぜひ実践してくださいね。

② 汗を拭けない男性はNG

私もかなり汗をかく方なので、緊張するとその量は運動中なの?というレベルに達するのですが、男性は相対的に女性より汗をかく人が多いので、緊張する婚活の場での汗の処理は、気をつけなければなりません。

汗をかくこと自体を嫌う女性もいますが、生理現象なのでそのような人とは縁がなかったと思うしかありませんが、汗をかきっぱなしにしておくのは絶対にNGです。

自分の体質を知り、普段よく汗をかく人や緊張すると汗っかきになってしまう人は、普段からタオルやハンカチを持ち歩くようにしましょう。

汗をかいたべとべとの髪や服を平気でそのままにしておくと、その見栄えも不潔な印象を与えますし、時間が経つと臭いもします。

また、それが平気な人なのだ、という印象を与えてしまうと、過度に不潔な印象を与えかねませんので、ぜひ、婚活をしている時は、普段から意識してみるようにしてください。

寒い季節の婚活でも、室内の婚活イベントでは暖房がしっかり効いていたり、何より普段は経験しないレベルで緊張しますので、要注意ですよ!

③ 爪の長い男性はNG

男性と女性で意識が大きく違うのが、爪のケアだと思います。

男性は多少、自分の爪が長くても気にならない人が多いように思います。

しかし女性は、男性の爪が少しでも伸びていることに嫌悪感を感じます。

自分の爪すら手入れできないだらしなさや、爪が伸びているとゴミが溜まったりして不潔になるので、単純な見た目の不潔さを嫌っているのだと思いますが、反対に、「大きな手にしっかりと切りそろえられた爪」というものに、男性ならではの魅力を感じる、という言い方がピッタリな気がします。

女性は、お金を払ってまで爪をキレイに伸ばし、色を着けたりしますが、これは女性ならではの習慣で、そうしたオシャレを楽しむ一方で、男性にしか出来ない、短い爪と大きな手、というビジュアルに、憧れを持つのだと思います。

そんなせっかくの“武器”なので、ぜひ普段からキレイに切りそろえて、好感を持たれる手にしておきましょうね。

3.明確な結婚後のビジョンを持つ

婚活の場では女性との距離が縮まると、早々に結婚後の将来のことについて話が進む場合が多々あります。

時には自己紹介の時に、将来のことを聞いてくる女性もいるのではないでしょうか?

その際に、明確な答えがないと女性側は不安に思います。

結婚相手を探しに来ているので当たり前なのですが、将来のビジョンが無かったり乏しかったりする男性は意外と多いのです。

では将来のビジョンとは具体的に何のことを指すのでしょうか?

特に女性が気になるポイントについて、気になる順にあげてみます。

自分の考えを用意する参考にしてみてくださいね。

① 子どもが欲しいかどうか?欲しい場合は何人欲しいか

子どもの有無は女性の人生を大きく左右するので、最も女性が気になるポイントです。

欲しいと考えている女性が多いですが、その場合は何人欲しいのか?

子育てにはどのくらい協力してくれるのか?などはとても気になるポイントです。

② 両親との同居の有無は?

こちらは同居しないと答える人が多いと思いますが、それはあくまでも現時点での話です。

将来、自分の両親に介護が必要になった場合のことまで考えて、妻になる女性にどのくらいの負担を強いるのか、もしくは反対に、女性の両親が年老いた時に、自分はどのように接すると考えているのか?

答えを用意しておくと、明確なビジョンの持ち主だと認識されると思います。

③ 仕事は定年まで続ける?転職の可能性はある?

仕事を辞めることが絶対にNGという女性は少ないと思いますが、収入のない状態になったりその期間が長くなるような男性は、結婚相手としては考えづらいです。

将来の自分の設計図に転職の可能性や別の夢がある場合は、正直に答え、収入面などについて、ある程度の安心材料を提示できるようにしておく必要がありますね。

ダイニングテーブル

婚活は努力すれば報われるものではありませんが、努力しないと絶対に報われないものです。

また、その時の運や相手との相性などもあり、なかなか一筋縄ではいかない手ごわいものです。

いつゴールが訪れるのか分からない、長くて厳しい道のりでもあります。

その分、そんな困難を乗り越え、運命の人に出会い、その人と結ばれた時の喜びは、人生で最上のものと言っても過言ではありません。

いつか訪れる幸せのために、楽しみながら納得のいく婚活ライフを進めてください。