婚活初心者の30代女性が婚活やらないほうがよい婚活NG集です。

30代になって「よし婚活するぞ!」と初めて婚活をスタートさせる方も多いと思います。

「合コンはしたことあるけど、婚活だとちょっと敷居が高くなるのかな?」

ちょっと不安になる方もいるかもしれません。

でもそんなことはありません。

肩の力を抜いて、イベントを楽しむことから始めてください。

ただ、婚活ならではの注意点はあります。

素敵な男性に出会うためにもしっかりチェックしてください。

まずは第一印象を左右する外見から考えていきましょう。
  

派手すぎるファッションやネイル、高額なブランド品に注意

せっかく婚活するんだから、他の参加者より目立ちたい!

そんな気持ちよくわかります。

確かに目立てば素敵な男性から声がかかるかもしれません。

でもちょっと待ってください。

それで本当にうまくいくのでしょうか?

目立てばお声はかかるかもしれませんが、交際に発展していくかどうかはわかりません。

「どうして?たくさん声もかけられたし、会話も弾んだのに」もちろん華やかで美しい女性は魅力的です。

容姿も大切なアピールポイントです。

けれど、男性は結婚を意識して女性を選ぶときに「華やかさ」や「美しさ」ばかりを重視するのでしょうか。

実は真面目で誠実な男性であればあるほど、そうではありません。

何よりも「一緒に堅実な家庭を築ける女性かどうか」を一番重視するはずです。それは女性も同じですよね。

自分の奥さんになる人には「堅実であってほしい」と思う男性が大半です。

未来の奥さんになるかもしれない人が全身ブランド品で身を固めていたらどうでしょうか?

「自分の給料で養えるのかな・・・」

「こどもよりも自分のことにお金をかけるのでは・・・」

「親にちょっと紹介しづらい・・・」

なんて一方的にネガティブなイメージをつけられてしまうかもしれません。

本当はコツコツ節約して買ったブランド品かもしれませんが、婚活の場でそんなことは説明できません。

ブランド品は一点くらいアクセントで持つくらいにしておいた方が無難です。むしろ無くてもいいくらいです。

そしてもうひとつ気になるのはネイルです。

華やかなネイルって素敵ですよね。

きれいにお手入れした爪をみると、仕事に力が入る女性も多いのではないでしょうか。

ところが、あまり派手なネイルアートや長い爪も、これまた男性に敬遠されてしまいます。

「あの爪で料理できるんだろうか・・・」

「こどもの世話できるんだろうか・・・」

また良からぬレッテルを貼られてしまいます。

ここは物足りないかもしれませんが、淡いピンクやちょっとしたストーンをあしらう程度のネイルにしておきましょう。

露出しすぎない、隠しすぎない

自分のスタイルに自信がありますか?

YESならばそれは素晴らしいことです。

けれど無意識のうちに、うっかり露出しすぎた服装になってはいませんか?

自信があればあるほど「隠そう」という発想にはなりません。

しかし、男性が目のやり場に困ってしまうことのないよう、胸元の開き具合には注意しましょう。

普通の状態で見えなくても、かがんだ時に見えてしまってはNGですよ。

同じ理由でスカートの丈も要注意です。

反対に、自信がない場合は「隠しすぎ」に注意しましょう。

自分では自信がなくて、コンプレックスがあったとしても、他人から見ると「気にしすぎ」という場合も結構あります。

足に自信がないからとロングスカートやワイドパンツばかり選んでいませんか?

胸に自信がないからと首のつまったカットソーばかり選んでいませんか?

せっかくのいい機会ですから、少しだけ気分を変えていつもと違うファッションにチャレンジするのも楽しいですよ。

アクセサリーなどを身に着けて、視線をそちらに集めるのもひとつの方法です。

無難にまとめすぎず、少しだけ冒険してみましょう。

「こういうのも似合うんだ」と新しい自分を発見できるかもしれません。

コーヒーを飲み談笑する男女

否定はしない<続いては内面、会話や態度について>

あなたは言いたいことが言える方ですか?

最近は思ったことをはっきり主張する女性が多いですよね。

むしろ仕事の場面では大切なことを主張しておかないと後でトラブルになることもあるでしょう。

しかし、婚活の場合はどうでしょうか。

相手の男性は初対面です。

最初は会話を弾ませるのも大変だと思いますが、段々と慣れていくうちに「あれ?それは違う」「わたしはそうは思わない」と思うことも出てくるでしょう。

しかし、そんな場面に出くわしても、あからさまに否定はしないようにしてください。

初対面の女性に自分の意見を否定されるのは、男性は面白くありません。

例えば、小説や映画の好みなどは意見が分かれることが多いものです。

「○○という映画を観ましたが、とても感動しました」と男性が言ったとします。

でもあなたは観たけれど、全然感動なんてしなかった場合はなんと言えばいいのでしょうか。

極端な例ですが「わたしも観ましたがどこで感動したんですか?」なんて言ってしまっては、間違いなく男性はカチンときます。

この場合「どこで感動したか」を聞くのなら、あえて観たことは伏せましょう。

そうすれば男性を怒らせることなく、その男性はどんなことに心を動かされたのかを知ることが出来ます。

相手の性格を知る上で参考になりますね。

相手によって態度を変えない

当たり前のことですが、自分に声をかけてくれた男性には笑顔で応じましょう。

初対面の女性に声をかけるのはとても勇気のいることです。

たとえ自分の好みの男性でなかったとしても、それを表に出してはいけません。

あからさまに態度を変えるのは絶対にNGです。

あなたの意中の男性がその瞬間を目撃したらどうでしょうか。

たとえ好意を持たれていたとしても、一気に覚めてしまうでしょう。

多くの場合、男性は女性よりも参加費が高く設定されています。

自分の費用を参加している男性が少しずつ負担してくれていると思えば、参加している全ての男性に感謝の気持ちが湧いてきますよね。

もし意中の男性にアピールしたいのならば、他の男性より少し長めに会話したり、その中で会話を少し掘り下げたりしてみてはどうでしょうか。

聞き手になって「あなたにとても興味がある」ということをアピールしましょう。

態度を変えなくても十分相手に伝わるはずですよ。

<まとめ>


どうでしょうか?当たり前といえば当たり前のことばかりですが、「うっかり」してしまうことのないよう、気をつけてください。

婚活イベントに慣れてきた頃が要注意です。

くれぐれも初対面であることを忘れずに。

常に謙虚な女性でいてくださいね。

きっと素敵な異性と知り合えます。