40代男性が婚活で選ばれるために、心がける事・やってはいけない事をご紹介します


40代の男性は「もてる人」と「もてない人」の差が大きく分かれます。

「もてる人」に対して女性は「経験を積んでいるので話題が豊富そう」「包容力がありそう」「尊敬できそう」などいいイメージを持っています。

そして見た目が若く仕事をバリバリとこなしている人、夢を持って生きている人、女性の気持ちがわかる優しい人は女性のあこがれの存在になります。

自分の考え方や生き方がその人の魅力となって「もてる人」になっていくのです。

反対に「もてない人」は「見るからに老けて見える」「結婚したい気持ちが強すぎてしつこい」「自分の考えを押し付けてきそう」

「話がつまらない」というイメージを持たれ、なるべくならば「避けたい」と感じさせてしまうような人です。

婚活で素敵な女性と出会うためには「もてる人」になる努力が必要なのです!

「今まで待っていて良かった!」と思える女性と出会い、その交際が幸せな結婚へと繋がっていくことができるように一緒に考えてきましょう。

 

◯アラフォー男性の魅力とは?


40代は仕事が充実してやりがいのある時期です。

そして男として一番輝く時期なのです。

その魅力に自分自身が気づいていないのかもしれません。

「自分の魅力は何か」をもう一度考えてみることが自信に繋がっていきます。

1. 若い時のようにガツガツしていない

若い時の恋愛は進めるスピードが早く好きになったら「押しの強さが勝利の鍵!」と女性を積極的にデートに誘い、自分の気持ちをストレートに出した攻めモードで恋愛をしていましたが、今は「付き合う」という形式にこだわらずに、ゆっくりとお互いのことを知ってからでいいと思える余裕があります。

一方で積極的になれない臆病な気持ちで悩んでしまうこともありますが、女性からみると自分のペースに合わせてくれることで時間をかけて相手のことが理解できるので安心することができて一緒にいると落ち着きます。

2. いろいろな経験を積んでいるので人の気持ちがわかる

人間関係で苦労をした経験や仕事が上手くいかないで悩んだ経験があるので、人の痛みがわかるようになります。

女性の悩みを親身になって聞いてあげることができ、その人がどんな気持ちなのかを自然に察することができる優しさを持つことで女性が心を開いていきます。

人は自分の気持ちをわかってくれる人に親近感を持つのです。

3.仕事以外に自分の世界を持っている

女性はバリバリ仕事をこなしている男性に魅力を感じますが、生活が全て仕事一色になってしまっている仕事人間の男性には窮屈さを感じてしまうようです。

40代は会社で組織の中核の立場の人が多く役職について部下の指導もしなくてはならない立場ですが、「プライベートは仕事の充実」と気持ちを切り替えて、休日には自分の趣味を楽しんでいる人が多くいます。

仕事以外に自分の世界を持っていると婚活で同じ趣味を持った女性と出会う機会も増えてきます。
若い時とは違って「自分の世界を持つこと」を意識できるのが40代なのです。

4.決断が早い

決断力の早さも魅力の一つです。人生は選択の繰り返しです。

人は日々の生活の中で小さな選択を繰り返し生きています。

色々な経験の中で「もっとじっくり考えればよかった」「すぐに決断すればよかった」と身をもって成功や失敗体験をしてきた40代は、知らず知らずに素早い決断力身につけています。

女性は男性にリードして欲しいと思っているので、決断力の早さに魅力を感じます。

5.聞き上手

若い時に比べてコミュニケーション能力が身に付いているので、相手の気持ちを考えて会話ができる様になってきます。

女性は話をじっくり聞いてくれる人に心を開いていく特徴があります。

自分で話すより相手に話をさせた方がいいということを知っているので、40代は聞き上手になることができます。
 

◯婚活で心がける3つこと


40代の男性の魅力は理解できていても、いざ婚活となるとどうしたらいいのか不安な気持ちになってしまいますね。

本音を言えばありのままの自分を理解してくれる人と出会うことが理想です。

しかし何も考えずにありのままの姿でいることの成功率は低いのです。

また「縁があれば」と思う消極的な考えも婚活では時間ばかりがかかってしまいます。

3つの心がけを心に止め婚活を成功させましょう!

1.出会える場所を探す

出会いの機会が若い時に比べて少なくなっています。偶然の出会いはドラマや映画での出来事で普段の生活の中では、なかなか出会いがありません

ですから積極的に出会いの場を自分で見つけて多くの女性と出会うチャンスを持ちましょう。

例えば
・婚活イベントに参加する
・婚活バスツアーに参加する
・合コンに参加する
・友人友達に紹介してもらう
・趣味や習い事を始める

2.理想に縛られない

「若くて美人で家庭的な人」「自分のことを理解して立ててくれる人」と理想を持つことは大切ですが、その考えに縛られていてはせっかくのチャンスを逃してしまいます。

理想と現実を把握して「一番大切なことは何か」を考えることが大切です。固定観念に縛られないで出会った女性のいい所を見ていきましょう。

そうすることで今までは気づかなかった女性の魅力を新しく発見するかもしれません。

3. 無理をしない

「婚活を成功させよう」と頑張ることは大切ですが、相手に良く見せようと本当の自分を偽ってしまったり、疲れているのに無理をして明るく見せたりするのはやめましょう。

心が疲れてしまったら婚活を休んでもいいのです。

また前向きに考えられる時に始めることの方が運命をいい方向に導いていきます。

キャンドル

◯婚活でやってはいけない5つの事


1.服装センス

不潔なファッションはNGです。

汚れている靴や洋服。しわしわの洋服などに気をつけましょう。「そんなのはわかっている」と思っていてもいつも気を配ることが大切です。

また若く見せるために20代の男性が着ている様なファッションもNGです。(茶髪やピアスブカブカなパンツなど)

今の年代に合った「あなたらしさ」のファッションが大切です。

自分の好きなファッションと婚活のためのファッションは違うことがあります。

基本的には女性ウケのファッションは第一に「清潔感」です。

2.下品

言葉使いが乱暴な人は性格も乱暴なのかもと思われがちなので、丁寧な言葉使いを心がけましょう。

売れているお笑い芸人の中では「下ネタでウケを狙ってはいけない」というルールがあるそうです。

その場を盛り上げようと下ネタを使うのもNGです。女性はその場は笑っていても心のシャッターは閉じてしまいます。

また乱暴な言葉以外に、20代の人が使うような言葉使いも40代には無理があります。

流行に流されず40代らしい大人の話し方を身につけることが大切です。

3. マイナス思考の考えが多い

人は物事をマイナスの気持ちで捉えてしまう人とプラスで考える人がいます。

マイナスな言動をしている人といると何となく気持ちが暗くなってしまいます。

女性に「この人と結婚したら幸せだな」と将来に夢を持たせることが大切なので、ポジティブに物事を考えるクセをつけていきましょう。

口癖にマイナスワードも「いつも愚痴ばかり言っている」と女性から敬遠されてしまいます。

言霊という言葉があるように、話す言葉からプラスにしていきましょう

4.面白くない

女性の理想の男性では1位 優しい人・2位 面白い人と言われています。

無理に面白いことを言うのは逆にしらけてしまいますが、「一緒にいて楽しい」と女性から思われることがポイントです。

オヤジギャクや時代の遅れたギャグはNGです。

無理に面白いことを言おうとすると空まわりしてしまいます。

ある男性は「面白い」と思われるために有名なお笑い芸人はなぜ面白いのかテレビやSNSで徹底的に研究をしていました。

面白いと思われたいと思うならば、自分自身が楽しい気持ちになる事が一番です!

5.長文のメール

今はSNSが主にコミュニケーションの中心になっています。

しかしもっと交際を深めていきたいからとLINEやメールでの長文はNGです。

ある20~30代女性の調査では「40代以降の男性の長文メールがダサい」という意見がありました。

SNSで長文を送るのは「おじさん、おばさんの証拠」というきつい意見もありました。

話したいことは直接会った時にする方がいいようです。
 

◯まとめ

結婚は縁です。

結婚する人とは「あの時あの場所に行かなかったら」と思うような不思議な縁で結ばれている気がします。

だからといってその縁は空から降ってくるわけでもなく、誰かが届けてくれるものでもありません。

自分から行動してたくさんの人の中から見つけ出さないとだめなのです。

そしてその縁は、それにふさわしい男にならないとジャボン玉のように消えてしまいます。

その繰り返しをして人は縁のある人と結婚していくのだと思います。

もしあなたが女性だったら「今のあなた」を好きになりますか?

「好きになる!」と自信を持って言えるような男性になって下さい。

婚活で選ばれる男性はそんな人なのです。