40代男性が婚活で女性から支持されるために大事な4つのこと

40代ともなると、とにかく毎日忙しくて、何とか週末に婚活の時間をひねり出している方も多いのではないでしょうか。

「そろそろ結果を出したい」でも何だか疲れて、いつもから回りしてしまう。

そんな方へおすすめしたいのが、生活を少しだけ変えてみたり、ちょっとしたことを習慣にする工夫です。

すぐに実践できることばかりですので、是非やってみてください。

食卓で話すカップル

1・生活を少し変える

毎日お仕事忙しいですよね。

仕事も忙しければ、上司に気を遣い、部下に手を焼いて、夜はお付き合いの飲み会続き・・・。

へとへとに疲れてやっと迎えた週末。

やっと婚活の当日を迎えます。

疲れのあまり、女性との会話もスムーズにいかず、「あぁ今回もだめだったなぁ」なんて経験ありませんか?

これではせっかく良い出会いがあっても逃してしまいます。

お忙しいとは思いますが、婚活の2~3日くらい前は予定を少なめにして、来たるべき出会いの日に備えましょう。

早く帰ってゆっくりお風呂に入ったり、美味しいものを食べて元気をチャージしたり、ジムに行って軽く汗を流したり・・・。

自分がリフレッシュできることに少し時間を使いましょう。

そして心にゆとりを持って当日を迎えてください。

イベントも思いっきり楽しんでください。

そんな無邪気で楽しそうにしているあなたに心惹かれる女性がきっと現れますよ。

2・いつでも笑顔を忘れない

40代で婚活をしているとなかなか思い通りにいかないこともあると思います。

でも「今日もだめかな・・・」なんて暗い顔をしてはうまくいくものもいきません。

突然ですが、普段笑っていますか?

「日常生活で笑うシチュエーションなんてそうそうないけど・・・」いえいえ、そんなことはありません。

自然な笑顔を引き出すには、やはり普段から笑顔を「心掛ける」ことが大切です。

職場に出勤して、無表情で「おはようございます」と挨拶していませんか?

コンビニで店員さんに無表情で接していませんか?

これでは顔の表情筋が衰えてしまいます。

少しずつ自分の日常に笑顔をとりいれましょう。

職場で笑顔の挨拶が照れくさければ、コンビニなど日常の買い物の場で練習するといいですよ。

店員さんへ思いっきり笑顔を返すのはちょっと不自然ですが、ちょっと微笑みながら「ありがとうございます」と伝えるのは相手も気持ち良いものです。

それが難しければ、微笑みプラス、会釈でも十分です。

身について「習慣」になってしまえば、こっちのものです。ぜひ毎日実践してみてください。

気持ちも明るくなりますし、どこへ行っても自然な笑顔が出てくるようになりますよ。

婚活以外の場でも自然と笑顔になれる男性は素敵です。小さな心掛けで大きなチャンスを掴んでくださいね。

3・どっしり構えて「安心感」を与える

40代の男性に女性が求めるものって何でしょうか。

条件的なものはさておき、やはり「安心感」や「頼りがい」ではないでしょうか。

数々の社会経験や幾多の困難を乗り越えたあなたの表情にはきっと男らしい風格が漂っていることでしょう。

「そんなのない。毎回緊張してます!」確かに・・・それが婚活の現実ですよね。

何度参加しても、やっぱり最初は緊張しますよね。

「今日はどんな人がいるのかな」「あの女性いいな。ゆっくり話すチャンスあるかな?」なんてソワソワしてしまいますね。

でも出来るだけ相手に悟られないように、どっしり構えて女性に安心感を与えましょう。

でもどうしたら女性に安心してもらえるのでしょうか。

「初対面の男性」というだけで女性は多少不安になるものです。

「怖い人ではないか」「怪しい人ではないか」女性は少なからず警戒しています。

それを和らげるには、リラックスした雰囲気づくりが大切になってきます。

あなたはどんな時にリラックスしていますか?

美味しいお茶を飲んでいる時。読書をしている時。映画を観ている時・・・。

そんな状態を思い出してください。

あなたがリラックスすれば、自然と優しい雰囲気が漂うはずです。

そんな優しい雰囲気が相手を安心させるのです。不思議と会話も弾んできますよ。

4・さりげなくアピールするなら断然「家事力」

あなたのアピールポイントはなんですか?

「うーん、これといっては・・・」なんて悩んでしまう男性に是非おすすめしたいのが「家事力」をつけることです。

「えー、家事?」あんまり乗り気になりませんか?でもこれは婚活の場ではかなり強力な「武器」になります。

「家事ができる」というだけで、もう何倍も何倍もポイントがあがります!

初対面の女性にいきなり家事が得意とアピールするのはおかしいですが、会話の流れで話題を挟めそうなら是非ともアピールしたいですね。

例えば、「週末は何をして過ごされますか?」こんな質問はチャンスです。

すかさず、「家で映画を良く観ますね。見始める前にカレーを仕込んだりすることもあります」

さりげなく、料理が出来ることをアピールしましょう。

会話もここから映画と料理、二つの話題で広げることが出来ます。

料理ができなければ、掃除や洗濯でも大丈夫です。

さり気なく家事アピールできるチャンスを伺いましょう。

でも不自然に無理やり会話を妨げるようなアピールは逆効果なので注意してくださいね。

それから嘘もだめですよ。出来ないことを出来ると言うのはやめましょう。

働く女性にとって、男性が「家事ができる」というのは、本当に助かることです。

仕事を続けたい女性にとっては願ってもないことです。

こどもが生まれれば、ますます重宝されますし、今や男性にとっては必須のスキルと言えるのが「家事力」です。

もしご家族と同居中で、お母様が全てやってくれているような状況でしたら、これを機に簡単な家事から始めてみましょう。

自分の部屋を掃除する。朝玄関を掃除する。週末洗濯をする。

夜の食事の後片付け・・・など。

出来そうな家事はいくらでも見つかるはずです。

始めはご家族が驚くかもしれませんが、基本的に助かることなので嫌がられることはないでしょう。

何より女性が喜ぶことですから、ここは頑張って「家事力」を身につけてくださいね。

まとめ

簡単なことから、少し努力が必要なものもありますが、でも決して出来ないことではありませんよね。

少しずつ習慣化して、婚活の場で積極的にアピールしていきましょう。