婚活中の女性が男性に選んでもらうための方法


結婚相談所へ行ったり、婚活イベントに行ったり、婚活サイトを使ってみたり、と毎回たくさんの知らない男性と出会い、自分をアピールする行為はとても疲れますし、時には傷付いたりすることもあるのではないでしょうか?

しかし、そんな風に頑張っている人には、必ず幸せのゴールが待ち受けているものです。

今回は、そんな婚活中の女性が婚活イベントで男性から選らばれるためのヒントになるような情報をお届けいたします。

自分に合う方法をみつけて、ぜひ参考にしてみてください。

<外見編>


男性が思う女性らしい色は、ピンク・・・

女性の中には、ブラックやグレー、ブラウンやブルーの色合いの服装を好む人がたくさんいます。

それに、そんな服装を着こなしている人は、本当にお洒落です。

しかし、男性が女性に求める“色”は、やっぱり(残念ながら)ピンクなのです。

赤でも白でもなく、ピンク。

本能的なものなのか?日本の教育がそうさせるのか?は不確かですが、ピンク色の服装を可愛く着こなす女性は、婚活の場ではかなりポイントが高いようです。

自分にはピンクは似合わない、と思っている女性はたくさんいますが、その気持ちを一度忘れ、ピンクのスタイルで臨んでみることをお勧めします。

クローゼットに全くピンクの服が無い人は、お気に入りのショップなどで一度探してみてください。

ピンクであれば、薄いピンクでもサーモンピンクでもベージュピンクでも問題ありません。

ぜひ一度、挑戦してみてください。

メイクは、バッチリメイクの7割程度を心がけて

女友達とお洒落をして出かけたり、今日は派手なメイクをしたい気分、という時にするメイクを10割とするなら、婚活時のメイクは7割程度に抑えることをお勧めします。

男性は、女性が思っているよりも薄化粧が好きです。

というよりも、濃い派手なメイクが苦手なようで、特に婚活をしている男性にはその傾向があるように思います。

結婚相手を探しているので、どうしても家庭的な、よきお母さんになりような人を求める心理が働くため、そうした理想像から離れる人はマイナスイメージを与えかねません。

バッチリメイクは別の機会で楽しんで、婚活の場では落ち着いた自分に似合うメイクを心がけてみてください。

カラーコンタクトやつけまつげをびっしりと着けている人も、一度婚活の時にはやめてみることをお勧めします。

本来の自分に近い姿を気にいってもらえる相手が、本当の運命の人だと思います。

髪は美しく、爪は清楚に

ほとんどの男性は、女性のキレイな髪が大好きです。

ほとんどというよりも、女性のキレイな髪を嫌いな人は一人もいないと思います。

特にロングヘアーは男性には出来ないスタイルで、女性らしさの象徴ですし、それがキレイに手入れされていたら、そんな姿に女性の細やかな性格までも感じてしまうのか、本当にキレイなロングヘアーはポイントが高いのです。

短い髪型だった女性が、髪を伸ばしたとたんに急にモテ始めた!なんていう話はよくよく耳にします。

だからといって、全員が髪を伸ばす必要はありませんが、自分に似合ったスタイルで、かつ出来る限り髪を手入れするように心がけてみてください。

落ち着いた色であれば、カラーを楽しむこともいいですが、自分の髪色で手入れする方が楽ですし、本来の自分の姿を見てもらえるため、地毛で髪を少しずつ伸ばすことをお勧めします。

また、爪に関しても、男性の好みは髪と似た傾向にあります。

理想は、自分の爪をキレイに手入れして、女性ならではのお洒落である、ほどよく伸びた長さにしておくのがお勧めです。

最近は、ネイルがお洒落を楽しむ女性にはマストなアイテムになっていますが、もし色をつけるなら、淡いピンクやベージュで、ストーンやアートは控えることをお勧めします。

そうした色の爪が苦手な男性はいないと思いますが、派手なデザインのネイルやすごく長いネイルが苦手な男性は、かなり多いため、婚活をなるべく早く成功させたいのであれば、控えることが得策です。

<内面編>

魅力を引き出すのは「自信」

婚活をしている時に出会った男性と、1対1で話す際、相手の目を見て会話をすることはできますか?

また、ゆっくりと相手に聞きやすい声で話せていますか?

結婚相手という一生を左右する存在を探す婚活の場では、どれほど社交的で会話の上手な人でも少なからず緊張します。

それに、その相手に好意を寄せている場合などは、その緊張はさらに増してしまいます。

適度な緊張は気持ちのいいものですが、緊張しすぎてしまうと、本来の自分の姿を見せる機会を失ってしまうこともあります。

緊張のあまり相手の目を見ずに話してしまったり、不自然なくらいに無口になってしまったり、声が小さくなりすぎて、コミュニケーションがとりにくくなる人もいます。

そんな風に接してしまうと、相手は自分に興味がなかったり、話すことが嫌なのかな?といった勘違いをしてしまいかねません。

そのためには、緊張をなるべく取り除くことですが、取り除くコツになるのが、「自信」です。日ごろから自分の自信を養う訓練が必要です。

婚活中の女性が現在、結婚どころか彼氏もいないとなると、どんどんと結婚していく友達と自分を比較して劣等感を感じている人も少なくないでしょうし、家族や友達から結婚しないことについてとやかく言われている人もいると思います。

そんな環境にずっとい続けると、失わなくていい自信までをも失ってしまう危険性があります。

まずは、結婚していない自分を受け入れることから始めるといいと思います。

結婚することを優先せずに、仕事や趣味に生きていた人は、そのことに自信を持ち、婚活の場でタイミングを見てその話をするのもいいですし、恋愛が苦手な人は億手で慎重な性格を誇りに思いましょう。

恋愛が苦手というとネガティブに聞こえますが、ガツガツと恋愛をしない性格は、言いかえると、異性とのコミュニケーションを大切にしている証であると思います。

そんな風に異性と向き合える人は、結婚生活にとても向いていると思いますよ。

世の中のどんなことにも二面性があるので、自分がネガティブに感じている性格は、普段からポジティブな捉え方に変えるようなトレーニングをしてみてください。

自然と自分に自信が持てるようになり、堂々と異性と会話できるようになるはずです。

男性に求める条件は、「なし」

多くの婚活では、男性に求める条件を聞かれることがあります。

年収や学歴、身長を条件とする人が多いようですが、そんなものは全て不要です。

なぜなら、自分が思いつくような条件は、所詮自分の世界の中だけの物でしかないからです。

世の中にはたくさんの男性がいて、様々なスタイルで生活しています。

自分が思いもよらない人が、自分の運命の相手である可能性も少なくありません。

そんな運命の相手を見つけ出すのに、自分が考え付く条件などは障害でしかないのです。

婚活の場では、なるべくたくさんの男性と会話し、運命の相手と出会うチャンスを作ってください。

結婚した夫婦が「相手は自分のタイプではないし、結婚するなんて思ってもなかった!」と言っているのをよく聞きます。

結婚相手とは案外、そのようなものなのかもしれません。

まとめ

今回は、婚活女性が男性に選ばれるポイントについて、外見と内面に分けてご紹介しました。

文章にすると、あっさりと簡単なように見えますが、本当はとても難しいことばかりです。

中には自分の信念や個性を曲げなくてはならない物もありますが、自分の許せる範囲で、無理の無いように参考にしてみてください。そして、長く続く婚活の道を、楽しく歩んでみてください。