婚活イベントパーティーで恋人が欲しい人必見!彼氏・彼女を作る3つのステップ

結婚どころか「恋人がいない!」とお悩みの方。

結婚相手になるような恋人を作るには、それなりのコツが必要です。

むやみやたらに出会いを求めても、心と体が疲れるばかりですし、かといって、「恋愛はもういいや!」などと諦めてしまっては、残りの長い人生がとても寂しいものになります。

恋人を作るには3つのステップがあり、そのステップを踏み出すのは、早ければ早いほど良いです。

この3つのステップを歩み始めると、自分自身にも良い効果が表れますので、ぜひ参考にしてみてください。

ステップ1:仕事を頑張る

ちゃんと将来を見据えている大人であればあるほど、しっかりと仕事をしていきいきと頑張っている相手を求めます。

付き合ったからには、上手くいけばその人と結婚したいですし、結婚をしたら好きな人と家庭を作りたいと思うのが、人の本能です。

当たり前ですが、子どもを産めるのは、女性だけですし、乳幼児を育てることに最も適しているのも、やはり女性です。

その間、長期の期間で女性は仕事が出来ませんし、妊娠期の体調によっては仕事を辞めないといけない場合も多々あります。

そのため、付き合う男性の条件には、将来の家庭を支えられる程度の収入が求められます。

また、女性であっても定職につかずに遊んでいて良いという世の中では今はありません。

子どもがいないうちや、子どもがある程度成長したら共働きである家庭が多いですし、最近の男性は女性にも働くことを求める人がとても多いです。

ぜひ、仕事が頑張れていないと感じる人は、今の仕事でスキルアップに努めましょう。

今の仕事を続けていてもスキルアップが見込めない場合は、転職活動を視野に入れて動き出すべきです。

恋人を作る前に、仕事が頑張れていない人は、まずは仕事の充実のために尽力しましょう。

仕事に力を入れるということは、少なからず自分の人間性やスキルに比例して上がる傾向にあります。

「仕事を頑張る」といっても抽象的で分かりづらい人は、「年収を上げる」ということを目標にしてみてください。

ポイントは、目標年収と、それに到達するまでの目標期間を決めることです。

ダラダラと続けていても疲弊するので、今の自分の環境を冷静に捉えて、目標を決めてみてくださいね。

ステップ2:恋人が欲しい異性に出会う

既に年収があり、仕事も充実している人は、次のステップです。とにかく「恋人が欲しい異性」に出会うことに注力してください。

男女ともに中には、恋人は作らず遊んでいたい人や、恋愛に興味がない人がいます。

「恋人を作る」という目標の下では、そのような考えの異性と親しくなったり、ましてや好きになったりする時間は必要ありません。

恋人を作るためには、効率的に恋人が欲しい異性に出会うことが何よりもの近道です。

恋人が欲しい異性に出会うには、いくつかの方法がありますが、気軽で効率的なのは、「婚活イベント」を使うことです。

ネットを検索すると、いくつかこうしたイベントを紹介するサイトが出てきますので、費用や理念を調べて、自分の考え方に合うものが選べます。

どうして婚活イベントが気軽かというと、自分一人でも好きなタイミングにイベントに参加できるからです。

また、こうしたイベントを利用している人は、恋人を作り上手くいけば結婚したい、と考えている人がほとんどなので、前述したような「恋人が欲しくない異性」に出会うことはまずありません。

婚活イベントで知り合った人と交流を重ねて付き合う、ということに抵抗のある人も少なくないと思いますが、最近ではかなりメジャーな異性との出会い方になっています。

一度、そうした先入観を捨てて気軽な気持ちで参加してみてくださいね。

ステップ3:付き合う前のデートは3度まで

ここまでのステップを踏んで、何らかの方法で「いいな!」と思う異性に出会えたら、もう迷っている暇はないです。

積極的にアプローチしましょう。

積極的といっても、相手の気持ちを推し量らずに、自分勝手にアプローチしては嫌われてしまいます。

まずは、2人で夜の食事に行く約束を取り付けましょう。

「行ってみたいおいしそうなお店があるけど、1人で行くのは寂しいから」と声をかけられると、断られる確率は低いです。

相手に興味を持ってもらえていなかったとしても、“おいしそうなお店“に行きたくない人はいません。

もちろん、このお店は、行ったことのある、”確実においしいお店“を選んでください。

2度目のデートも順調で、3度目の約束が取り付けられたら、3度目のデートでは、自分の気持ちを伝えましょう。

ポイントは、「付き合ってください!」と言いつけるのではなく、相手に好意を寄せていることを匂わす、くらいにとどめておくことです。

恋人を探している人の中には、4度目も5度目も、“お互いの気持ちに関するトーク”がないままデートを重ねると、高まっていた気持ちがひいていく人がいます。

反対に、3度目のデートでは、付き合うかどうかを決めきれない人もいます。

3度程度会っただけでは、相手がどちらのタイプに近い人なのかを見極めることは非常に難しいです。

しかし、1つ言えることは、3度目のデートで、アクションを起こさないと、気持ちが消えてしまう人がいる、ということです。

好きな相手に、自分の気持ちを匂わせる恋愛トークをするのは、かなりテクニックがいるように思いますが、3度目のデートを終えた別れ際の自分の気持ちを、相手の目を見て精一杯、正直に伝えることが何よりも相手の気持ちに届くと思います。

「一緒にいるのが楽しいから、また何度もデートがしたい」とか、「いつか付き合えたら嬉しいな」というようなことでも、相手の心には言葉が確実に残ります。

特に何も思われていなかった場合も、上手くいくと、気になる存在に変われている可能性が高いです。

まとめ

紹介したこのステップは、実際には厳しくて長い道のりです。

だからこそ、好きな相手を恋人に出来た喜びは、とても大きいですし、上手くいけば結婚することもあります。

今、恋愛や仕事が上手くいっていない人も、好きな相手がいる人も、つまずいた時の参考にしてみてくださいね。