婚活パーティー・イベント後の2次会に誘われやすい女性と女性が誘う方法をご紹介

多くの婚活イベントでは、イベント終了後に参加者同士が誘いあって2次会や3次会へと繰り出すことがよくあります。

イベント内で仲良くなることもありますが、イベント後の2次会ではイベントそのもの以上に異性の方との距離が近くなるといった経験をした方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

では、どのような心構えや行動をすればイベント後に2次会へと誘ったり誘われたりできるのでしょうか?

今回は、そんなお悩みをかかえている婚活中の女性の方に向けた解決方法をご紹介いたします。

ぜひ、婚活中の女性は、参考にして見てください。

 

婚活イベントまでに出来ること

2次会は、婚活イベント終了後におこなわれるものですが、そこに参加できるかどうかは、婚活イベント前からの準備が重要です。

もちろん婚活イベントそのものに全力を出して素敵な異性の方と知り合う努力は必要ですが、その後に2次会などがある場合が多いことを覚えておくようにしましょう。

重要なことは、婚活イベント後に予定を入れておかないことです。

せっかく2次会に誘われたのに、婚活イベントの後に予定を入れていたため参加できないのではせっかくのチャンスを逃してしまうことになります。

終了時刻が来れば、婚活イベントが終わるわけではありません。

婚活イベントでうまくいかなかったときのために、なんだかの予定を入れている方がいますが、あらかじめ2次会を想定して当日は予定を入れないようにしましょう。

また、2次会には、男性から誘われたら行くのか?それとも自分から男性を誘ってでも行くのか?をあらかじめ決めておくことも重要です。

一般的には、2次会は男性が提案して誘ってくることが多いと思いますが、女性から男性を2次会に誘うのもOKです。

女性から2次会に誘うのはたいへん勇気が必要で抵抗のあるものですが、誘われた男性は女性から誘われることなどあまり経験のないことなので、良い印象をあなたに持つことになると思います。

そのため、イベントの前から、「タイプの男性がいたら、絶対に私から2次会へ誘う」と強く自分の中で決めておくようにしましょう。

その場でどうしようと考えているとあっという間に解散して後々後悔することになります。

一緒に参加する友達がいる場合には2次会についてあらかじめはないておくことも大事です。

こうした決まりごとを作っておくと、婚活イベント当日うまくいきます。

 

婚活イベント中に出来ること

婚活イベントに参加している時は、可能な限り参加者全員の男性を確認するようにしましょう。

終わりの方になって、タイプの男性がいたことを発見し、全く会話もしてないのに2次会へ誘い出すことは、ほとんど不可能に近いです。

イベントの主催者が参加している人は必ず全員、男女間で自己紹介の時間を取るようにしてくれているイベントも多くありますが、中には参加者が多かったり、参加者の主体性に任されていたりして、男性全員を確認できないようなイベントもあります。

そのため、イベント開始直後は、一定の男性と話し込むようなことはせず、男性の雰囲気を見て回るのがいいと思います。

あまりに熱心に“品定め”をするような態度は男性に失礼なる場合があるので、立食パーティーやバーベキューイベントの場合は食事を取りながら、女性の友達と参加している時は簡単に会話をしながら見て回るようにしましょう。

雰囲気でタイプの人がいたら、気軽に声をかけるのがベストです。

その時も、「2次会へ誘いたいほどタイプか?誘ってくれたら行くレベルか?」というのを意識しながら会話をすると、その後の行動がスムーズにとれます。

もし、イベント中に一旦その方とは離れて、再度合流するような機会が持てる場合は、まずはその合流の約束を取り付けるのが自然でいいと思います。

生まれて初めての会話で、「イベントが終わったら2次会に行きませんか!?」といきなり誘うのはなかなか勇気がいりますし、短時間でそこまで仲良くなるのも難しいと思います。

「また話に来てもいいですか?」などと声をかけておくと、それを嫌がるような男性は、婚活イベントにはほとんどいないと思いますので、ぜひ実践してみてください。

もし、イベント中に再度話す機会が設けられなくても焦る必要はありません。

イベント終了後に、自然に意中の男性を目で追うようにして、イベント終了後のチャンスを狙うようにしましょう。

 

婚活イベント終了後に出来ること

婚活イベント終了後に一番大切なことは、すぐに帰らないことです。

せっかちな人や2次会に誘われるのを待っているようなしぐさが苦手でその場からすぐにいなくなってしまう人が稀にいますが、いなくなってしまっては誘われるもなにも男性側も方法がありません。

待っているのが苦手な人は、少しムズムズするのを押さえて、トイレに化粧直しにでも行ってタイミングを見計らって、しばらくの間は婚活イベントの会場に残るなどの工夫をしてみてください。

こうするだけで、意外に今まで全く2次会へ誘われなかった人も、その日から誘われたりすることが多くなり、驚くものです。

その時に重要なのが、もしタイプでない男性に誘われたらどうするか?ということです。

独身の異性仲間を増やして、次の出会いのチャンスを広げるために誘いに乗るのか?断るのか?断る場合は、相手が気を悪くしないような断り方を用意しておく必要がありますね。

「既に予定があって・・・」と断るのがベターだと思います。

というのも、別の予定を口にしてしまうと、万が一その後タイプの男性が誘ってくれた時に、1人目の男性がそれを見て気を悪くしてしまうからです。

嫉妬は思わぬトラブルにつながりますので、ぜひ注意してみてください。

イベント終了後に自分からタイプの男性を誘いたい女性は、なるべく早くその男性の近くに行くようにしてください。

婚活イベントでは多くの場合、人気の男性は偏ります。

そのため、その男性が他の女性の誘いに乗って会場をさっと後にしてしまう可能性がゼロではないからです。

女性から男性を誘うのは、とても勇気のいることで、誘い方も難しく考えがちですが、素直に「もう少しお話したいので、お時間もらえませんか?」と伝えるのがベストです。

「お茶しませんか?」とか「ご飯に行きませんか?」だと、とっさにお店を選んだり食事内容を考えたりしないといけない!と男性側にストレスがかかるものです。

少しでもスムーズにOKの返事をもらうために、なるべく素直に、それでいて相手がうなずきやすい誘い文句を心がけてみてください。

 

まとめ

今回は婚活女性が、婚活イベントの後の2次会に誘われたり誘ったりする方法についてご紹介しました。

重要なことは、イベントの前、イベント中、イベント終了後の全てにおいて「2次会へ行く」と決めて行動することだと思います。

ぜひ、参考にして2次会で素敵な方との関係を深めてください。