鎌倉・川越・浅草などを巡る散策イベントで成功する方法

散策スタート前

散策スタート10分前から受付を開始します。

受付後は、参加者がそろうまで待っていていただくのですが、

ここがポイント!男女兼用・自分から積極的に話しかけてみよう

参加者が揃うまでの時間、ただ立って待っているのでは時間がもったいないです。

せっかく出会うために参加しているのですから、積極的に異性の参加者に話かけてみましょう。

「参加の方ですか?緊張しますよね。」の一言からで大丈夫です。

みんな緊張しているので、話しかけられた相手は心が和み、あなたに良い印象を持つでしょう。

また、時間に遅れてくる人は、「ルーズな人だな」など思われてしまい、スタート前から自分の印象を落としてしまいます。

時間には余裕をもって参加しましょう。

テゾーロクラブの散策婚活はグループに別れて、時間までに決められた集合場所まで散策するのが基本です。

異性のグループをチェンジすることにより、すべての異性の方とお話をしていただきます。

たとえば1回目散策は、
男性Aグループ と 女性Aグループ
男性Bグループ と 女性Bグループ
男性Cグループ と 女性Cグループ

2回目散策
男性Aグループ と 女性Bグループ
男性Bグループ と 女性Cグループ
男性Cグループ と 女性Aグループ 

このような感じでグループチェンジをして異性の方全員と1回は同じグループになりお話できるようにしています。

ここがポイント!積極的にグループ内の会話をリードしてみましょう

女性は男性の引っ張ってくれる、引っ張っていこうとする姿勢に好意を抱きます。

また、スマートに散策コースなどを仕切ってくれる男性は、とても頼もしく見えます。

初めの掴みが肝心。是非、積極的にリーダーになって他の人より印象を良くしましょう。

ただし、独りよがりで全てを決めないで、みんなの意見を聞きながらうまくまとめられるようにしましょう。

これは、異性の方と話すきっかけを自然と多くもてるチャンスです。

 

散策スタート


散策がスタートしたら、出発!したいところですが、まずはみんなで自己紹介タイムをするのが良いと思います。

みんなの名前を確認していざ出発。

ここがポイント!相手の名前を呼んで話しかけよう

「○○さん、こちらの方面はよく来られるのですか?」
「○○さんのお住まいは、この近辺ですよね?」

など、会話に名前を入れてお話してみましょう。

呼ばれた相手は自分の名前を覚えている=認めてくれたと特別感を持ってくれます。

また、名前を呼ばれて喜ぶことがあっても嫌な気がする人はいません。

簡単に出来ることですが、名前を呼ぶのは少しテレがあるのかしていない人が多いので是非、試してみて下さい。

ここがポイント!女性の歩くスピードに合わせてあげて、気遣ってあげてください

自分のペースで、スタスタ先に歩いてる男性をよく見かけます。

男性のほうが歩くスピードは早いので「歩くスピード早くないですか?」「たくさん歩きましたが、疲れてないですか?」など声をかけてもらえると、女性は気遣いが出来る方だと感じます。

何気ない会話の中でも、自分をアピールすることを心がけてください。

 

散策イベント終了後


散策終了後は、2次会に皆さんで行かれている姿をよく見かけます。

ここがポイント!事前に2次会の場所をリサーチしておこう

大勢の人数でいくことが多い2次会。

どうしよかとみんなが迷っている中、「このお店どうでしょうか?」とスマートに提案してもらえると、女性は出来る方だなと感じます。

予約を取っておかなくても大丈夫ですが、何件かあらかじめチェックしておくことは重要です。