婚活では、全員が知らない人からのスタート。

想像以上に「第一印象」が大事になります。

もちろん大切なのは中身ですが、コートが汚れていたり、ボタンが取れていたりするとそれだけで「話してみたい」という気持ちがそがれてしまいます。

マイナスのイメージを払拭することはとても難しく、カップルになる確率もかなり低くなってしまいます。

婚活イベントで異性の方から少しでも興味を持ってもらえるようにはまず「見た目」が大事になってきます。

イベントの種類によってはカジュアルスタイルが適していることもあります。

これからご紹介する項目を参考にしてみてください。

婚活で男性に好かれる服装・7つのコツ

明るい色を意識して

ベージュやブラック、ブラウンなどはコーディネートとしては合わせやすいですが、暗い色は顔がくすんで見えてしまいます。

人によっては老けて見えてしまうことも。

素敵な男性の方がいても老けて見えてしまっていたらせっかくのイベントがもったいないですよね。

顔色が明るく見えるような薄ピンクや白などできるだけ明るい色を選ぶようにしましょう。

ブランドの多用はNG

バッグ・お財布・服・靴と全身ブランドだらけのコーディネートは男性に良い印象を与えません。

「散財しそう」「貢がせられそう」…と連想させてしまいます。

男性は、異性の持っているバッグが高級品であろうが安物であろうがあまり気にしない、というデータもあります。

「高級品嗜好なのではないか」と話しかけづらいと思われてしまうことも。

婚活は相手の金銭感覚を見る場でもありますから、お財布など小物でさりげなく使用するのが良いですね。

香水は程よく

すれ違うときにほんのり香ると「ドキッ」と意識させてくれる香水。

しかし、つけ過ぎてしまうとただの「臭い女性」と評価されてしまいます。

シャンプーの香りのほうが香水よりも好きだという男性も多くいらっしゃいます。

つける量が分からない、どれ位つけたらいいのか不安だという方はつけないほうが○。

特に食事系のイベントは匂いが気になりやすいので控えめにしておきましょう。

つけ爪や派手なマニュキュアは不評

 婚活イベントでよく「つけ爪」をされている方がいらっしゃいますが、実は男性にウケが良くありません。

つけ爪や派手なマニュキュアはをしている女性は、結婚相手としてNGだと考える男性が多くいます。

淡いピンクや透明系の清楚に見えるマニュキュアが男性に評判が良いです。

食事系イベントはもちろん、散策系のイベントでも短く切った清潔感のある爪が良いでしょう。

また、ネイルが剥がれているのはもってのほかですから注意が必要です。

 

屋内イベントのコーディネート

屋内での婚活イベントにはジーンズやパンツスタイルはあまりお勧めではありません。

ワンピースやスカートなどで少し女性らしさを演出するのがおすすめです。

色は、白やうすピンクがダントツで人気です。

顔が明るくしなり、女性らしい雰囲気が男性の目を惹きつけます。ユラユラ揺れるアクセサリーをつけるのもおススメ。

特にイヤリングは会話中に目線をひきつける効果があります。

屋外イベントのコーディネート

ヒールやサンダルなど歩きにくい靴は控えましょう。  

屋外の散策イベントでは、長い時間散策したりして靴擦れを起こしてしまう方がたまにいらっしゃいます。

バーベキューイベントなどのように多少汚れてしまうようなものもありますのでイベントの内容を考えて服装を選ぶようにしましょう。

屋外イベントでは、パンツスタイルや、スカートにブーツなどカジュアルな服装になることが多くなると思います。

その時には、アクセサリーや髪型などを工夫して女性らしさを演出してみてください。

TPOにあわせた清潔感のある服装

いつ、どこで、どんな場面(イベントの内容)かをよく考えた上で服装を選択することがTPOに合わせたファッションであるといえます
服装を選ぶ上で大事なのはTPOと清潔感です。
高級な服よりも清潔感のある服装を男性は好みます。
イベント前日には着ていく服にアイロンをかけたり袖や裾のほつれがないかチェックしたり、普段より少し気を使ってみてください。
また、胸元が大きく開いた服や極端に短いミニスカートなど露出が多い服装は、男性は好きだと思いますが、婚活の場ではあまり評価させませんのでやめた方が良いでしょう。

 

婚活で女性に好かれる服装・7つのコツ

清潔感が一番大事

男性は清潔感がなければ女性に選ばれることはまずありません。
服はブランドや値段にこだわるのでなく、綺麗に洗ってアイロンをかけ、着崩さなければ第一印象ではずすことはなくなります。
シャツの襟元や袖、ボタンなど細かいところでも女性はきちんと見ています。
小さなところに気を使える男性は女性からもポイントが高くなります。

自分に合った髪型を

寝癖がついていたり、ワックスなどをつけすぎたりは問題外。

テカテカに光った頭は不潔に思われてしまいます。

またワックスなどでかっちり決めすぎるのも女性には不評です。

あくまで自然に。

爽やかに見えるのが一番です。

自分に合った髪型がわからない方は美容院に行ったときにアドバイスを聞くといいかもしれません。

洗髪をきちんとして清潔感のある髪型で望むようにしてください。

ほめ

髭はきれいに剃りましょう。

剃りのこしなどがあると不精に見えて減点です。

おしゃれで伸ばしていたとしても髭は婚活ではあまり人気が出ません。

ひげに対する印象もずいぶん変わってきましたが、まだまだひげの肯定派は多くありません。

お手入れされていても髭はあまり印象が良くないようです。

爪は、短く清潔に切っておきましょう。

また、爪の間が汚れているようでしたらきれいにしていきましょう。

物を持ったり書いたりする時に見られています。

特に女性は手先など先端を見る傾向があるので細かい所に気を使ってみてください。

個性を出しすぎない

例えばロックやバンドが好きだとしても婚活イベントにロックバンド系の服やチェーンなどジャラジャラしたアクセサリーは女性から引かれてしまいます。

また、シャツの前を極端にあけたりしたナルシストを疑われるようなファッションや派手なピアスも女性には不人気です。

ピアスのほかにも、過剰なシルバーアクセサリーなども女性からあまり評判が良くありません。

また、着やすいからといってダボダボな服ではなく、体に合ったな服を選び「きちんと感」が出るようにしましょう。

スーツではなくカジュアルスタイル

婚活イベントは、婚活パーティーやお見合いと違ってスーツで参加する方はほとんどいません。

イベントの内容に合わせたカジュアルな服装で参加してください。

食事系のイベントも散策系のイベントもスーツでは動きにくいのでカジュアルスタイルを選びましょう。チノパンにシャ
ツ、カーディガンで十分です。

夏の時期に暑いからといってタンクトップだったりサンダルを履いてきたりはNG。

「婚活する場」に出る、という意識を忘れないでください。

屋内イベントのコーディネート

靴下に穴はあいていませんか?

スリッパで隠れるからといって穴が空いた靴下は「だらしない」と思われてしまいます。

屋内では女性と向き合ってお話しすることもあり、距離が近くなることもありますのでいつもより余計に汚れがないか、シワがないか気をつけてみてください。

近いところに女性がいますので強すぎるコロンなどにも気をつけてください。

空調の関係で室内が暑かったり寒かったりしますのでジャケットなど一枚は温度調節が出来る服があると便利です。

屋外イベントのコーディネート

サンダルや短パンなどラフ過ぎると引かれてしまいます。

紺のジャケット・白シャツなど派手すぎない洋服が女性に人気があります。

スニーカーなどでお洒落を演出してみるのも良いですね。

男性はアクセサリーよりも時計やバッグでお洒落感を出すと女性にも印象が良いです。

屋外イベントでは、少し汚れることもありますのでイベントの特徴を考えて服装を選んでください。

 

好印象を与える服装のまとめ

婚活では自分の好みの洋服を選ぶというより、相手に好印象を与える服装を重視しましょう。

もちろん自分に似合っていることが前提ですが、変化を恐れず思い切って一歩進むことで違う世界が見え、新しい出会いが生まれてきます。

TPOに合わせたきちんとした服で臨めば、自然に自信がつき、一番素敵なあなたを見せることができます。

自分でどんなファッションが良いかわからない時はお店の人に聞いたり、友人に相談したり、第三者からの意見を取り入れてみてください。

きっと新しい自分を発見することが出来ますよ。
 

 

素敵な出会いが待っている婚活イベントはこちらから
婚活イベント最新情報はこちらから